知っておきたい、住宅ローンとクレジットカードの関係

ブログ

こんにちは! TAISHIN THSです!

前回は、副業についてのお話しでしたが、今回はクレジットカードについてです。

最近では、クレジットカードがなければ利用できないサービスも増えてきたりして、昔に比べてもほとんどの方が、一度は使った経験があると思います。

クレジットカードを所有する場合、気をつけなければならない事がいくつかあるので、ご紹介します。

思わぬ事で、信用情報に傷がつき、住宅ローンの審査が通らなくなる事があります。

リボ払いを利用しない。

クレジットカードは、一回払いで利用すればメリットも大きいですし、金利も掛からず、お金を一時的に借りるという見方をすれば、非常に「優良な借金」だと思います。普通に現金で支払いするよりも、クレジットカードを利用すれば、

・ポイントがたまる。

・あらゆる買い物が簡単にできる。

・光熱費をカード払いにすると明細が一つになるのでお金の管理がしやすい。

などのメリットがあります。二回払いまで無金利というカードが多いので、現金で支払うよりもカードで支払った方が得な事が多いです。

しかし、これはリボ払いをしなかった場合の話しです。リボ払いを利用すると金利はいきなり14〜18%という高い金利がかかるため、安く買ったつもりでもトータルでかなりの手数料を支払うことになります。

月決まった金額だけを返済して行くわけですが、その中から手数料を差し引かれて元本がなかなか減らないため、返済がすすみません。これは元々分割払いで回数を決めて支払う場合と異なり、借りた金額によって返済額が決められるリボ払いの場合はどうしても支払い期間が長くなります。元本を回数で割った分と、更に利息の分もあるので返済する回数も伸びてしまいますし。

住宅ローンを申し込もうと考えている場合はまず利用してはダメです。もしリボ払いなどを利用しているなら、全て返済しておかなければ、住宅ローンを通すのは厳しいです。

それに、カードで無理な買い物をするようになると、経済感覚がおかしくなり、実際にはないお金をあてにしてしまいます。買い物すること、お金を使うことへのハードルがどんどん低くなってしまいますから、これは結構怖いです。

カードを申し込む時に、申込用紙のチェックを外さなければ、自動的にリボ払いになる。というカード(楽天カードなど)もあるので、カードを申し込む時には内容にも気をつけた方が良いです。

カードを作りすぎない

今、ほとんどの店舗で、ポイント会員などになると、クレジットカードを作ることを勧めてきます。もちろん現在カードを所有していなくて、もしこれからよく利用すると考えるのなら作るのも悪くありませんが、ほとんど利用する事がないにも関わらず、カードを沢山作るのはあまりメリットはないです。

できればポイント交換などの面でも、カードの利用は絞り込んだ方が良いですし、1ヶ月間に3枚以上など、短い期間に申込みしすぎると、場合によっては「申込みブラック」になり、信用情報に傷がつく事があります。

もしも申し込みブラックになってしまった場合、その信用情報は消す事が出来ません。しかし、その後何もなければ、この信用情報は6ヶ月で消えるようです。

 

カードを作ることにより、アフィリエイト報酬を得られる、「自己アフィリ」という」「お小遣い稼ぎの方法」がありますが、クレジットカード申し込みの報酬は、5,000円〜20,000円程度と高額なので、報酬を得ようと何枚も作ろうとしてブラックになってしまうケースもあります。

 

年会費無料のカードを選ぶ

せっかく、ポイント還元を受けられたとしても、年会費を支払わなければならないカードだと、あまり得ではないし、節約という意味ではメリットが半減してしまいます。

確かに、高額な年会費のカードの中には、それなりのステータスがあるものもありますが、普通にクレジットカードを利用するだけならばほとんどが無駄で、あまり恩恵はないように思います。カードをもつことによる、単なる自己満足の場合も多いからです。

節約や、支払いの管理が目的なら、年会費無料の物を選ぶべきだと思います。

「カードを作った事がない」も良くない!

これは、私の知り合いの例で、本当にあった話ですが、

その方は、30歳をすぎても、今までクレジットカードという物を全く作った事がなく、ETCカードすら持っていませんでした。借金などもなく堅実そのものでしたが、過去に信用履歴が全くないために、住宅ローンの審査の時にブラックと同じような状況になり、その方単独では住宅ローンが通らない。と言われたようです。

リボ払いや、支払い遅延などもよくありませんが、クレジットカードすらなく信用履歴が全くないというのもよくないようです。クレジットカードが嫌いでも、できれば自分名義のETCカードか、交通系ICカードくらいは作っておいた方が無難です。

今回はクレジットカードについてでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました