不動産売却の自己査定をしてみる

ブログ

こんにちは!TAISHIN THSです。

阪南市で査定依頼をいただいたので、物件の調査にいきました。

土地や建物は利用せずに放置していると、固定資産税などの税金もかかるし、もし土地にある家が空き家だったとしても、災害対策で保険に加入したりなど、必要は費用がかかります。空き家で放っておいて、もし災害などの影響で、自己所有の空き家が隣近所にまで被害を与えてしまったら大変ですからね。

場合によってはなかなか売れない土地も

不動産は、必要な人、欲しい人が買うわけですし、買いたい人がいれば売れていくので、適正な価格で販売されていればすぐに売れるのですが、売れない物件はなかなか売れなかったりします。全ては需要と供給のバランスなので、需要のない物件を高い価格で販売しようととしてもなかなか売れないのが本当のところです。

駅から遠く、前の道路も狭いなどで住宅としての普遍的な価値が低い場合はなかなか売りづらいものです。

ただ、住宅本来の需要(駅、学校が近い、道路交通が至便など)以外でも、たまたま探している人の条件に合えば売れますよね。

極端な話し、周りに買い物施設が何もなくても、静かに暮らしたいとか、畑つきの古民家が欲しい。とか、この場所にどうしても住みたい!と思う人がいたり、風光明媚な場所にあるなら、「別荘として利用したい。」と思う人もいるかもしれませんし、交通のい不便でも大きな畑付きの家が欲しいと思う人もいるかもしれません。

一概に「こんな価格では絶対売れない」とは言い切れないんです。

人の価値観は様々ですし、誰もが一般的に良いとされていることが、その人にとって最良であるわけではないですしね。ただやはり売れるのに時間はかかりますが、全てはであり、売れるタイミングなんですよね。

放置しておくと酷いことに

固定資産税が上がってしまうし、解体費用もかかるため、住まなくなった家を、空き家のまま放置していることが非常に多いですが、家のある場所のロケーションが良く需要があれば、空き家もすぐに埋まりますが、なかなか販売するのが難しい場所もあったりします。

そうなると朽ち果ててしまっている建物も最近はよく見かけます。

上の画像のような、いわゆる廃墟みたいな空き家が増えると、その地域の印象も良くなくなりますし、その物件の所有者もますます利用しづらくなったりします。

遅かれ早かれ費用がかかることになるので、やはり、早いうちから不動産業者に相談しておくほうが良いと思います。

その業者にもよりますが、安く買い取ったり、販売するだけでなく、どうすれば今使用していない土地や空き家を価値を高めて再利用できるか?ということを、一緒に考えてアドバイスしていくのが我々の仕事でもありますから。

自分の持ち家の価格を調べてみよう!

不動産業者に査定を依頼しなくとも、今の時代は、ネットを利用しておおよその土地価格はわかります。

なのでまずはご自身で、今の持ち家や所有地の資産価値を調べてみるのも良いと思います。査定依頼しても査定額に大きな違いがあるわけではないので、まずはご自身で調べてみれば、値段の交渉もしやすいと思います。

国土交通省の土地総合情報システムを使い、おおよその現在価格を調べてみるのが手軽なやり方です。

全国地価マップで地価を調べると、もう少し細かく調べることが出来ます。

道路ごとに記されている、路線の単価に、土地の平米数をかけると土地の値段がわかります。

これに加えて、固定資産税課税証明書に記載されている課税の対象となる家屋の価格を見て今の土地と建物の価格を確認します。

現在の状態も重要

以上で、おおよその評価額は知ることが出来ますが、不動産の価格は、家屋の現状や、周辺の事情、そして直近販売事例、レインズ(国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営のコンピューターネットワークシステムで、業者しか利用出来ない)での直近販売事例と、今売りに出されている物件の価格などでも違ってきますので、一概に路線価と評価額だけでは決めることが出来ません。

土地や家屋の需要のトレンドは、新築の販売状況(今販売されている新築の価格、土地の広さ、間取りなど)にも左右されたりするので、不動産価格はより幅広い視点から探る必要がありますし、特定のターゲット向け(施設運営、収益など)に利用できるとするならば、また違う考え方ができることもあり、その辺は業者が相談にのってくれます。

大事なのは、物件ごとの現在の査定価格に至った根拠、経緯を考えることなんですね。

家を売りたい方が「少しでも高く売りたい」と思うのは当たり前ですが、実際にその家の価格がいくらなのかを本当にわかっているのはその家に長年住まれている所有者さんだと思います。いきなりとびぬけて高い価格を提示する業者につられないことです。

あくまでも、現実的な販売価格を踏まえながら、所有者さんの思いを酌んだ「売り出し価格」を提案していくれる業者を選ぶべきだとおもいます。

今回はこの辺で・・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました